ミコブルームの使い方|効果的な使用方法や注意点を解説!

ミコブルームの使い方|効果的な使用方法や注意点を解説!

 

このページでは、ミコブルームの使い方についてまとめています。

 

  • ミコブルームの使い方が知りたい
  • 注意点はある?
  • 効果的な使い方は?

 

というあなたはぜひ参考にしてみて下さい。

 

ミコブルームの基本的な使い方

使い方
  1. パール粒大を目安に適量をとり、両頬・鼻・額・あごにのせる
  2. 鼻は眉間から鼻先へ、その他は内側から外側へ広げる
  3. 白いテクスチャと肌との差が目立たなくなるよう、指でトントンと軽く叩くようにして馴染ませる
使うタイミング 洗顔後、メイクをする前

 

ミコブルームを使用する前には、スキンケアをするのがおすすめです。

 

化粧水などでお肌を整えておくとメイクのノリがよくなり、長時間メイクをキープさせることができます。

 

ちなみに、化粧下地と美容クリームはミコブルームに含まれているので、つけなくて大丈夫です。

 

また、ミコブルームには日焼け止めの効果が「SPF30・PA +++」あるので、普段の紫外線対策には充分です。ただ、

 

  • 長時間外にいる
  • 紫外線が気になる

 

といった場合には日焼け止めを併用しても問題ありません。

 

さらにミコブルームにはカバー力があるので、コンシーラーなどを使う必要もありません。フェイスパウダーも使わなくても、テカリが抑えられツヤ肌になれます。

 

ミコブルームはスキンケアした後すぐに使えるので、忙しい朝や育児で時間ない場合には、時短メイクとしてぴったりですね。

ミコブルームの効果的な使い方

  • ファンデーションブラシやスポンジを使用すると、より肌に馴染みやすくなる
  • ティッシュなどで余分な油分をオフすると、長時間仕上がりがキープできる

 

ミコブルームは、指だけでも塗り広げることができますが、ファンデーションブラシやスポンジを使うと、よりお肌に馴染みやすくなります。

 

特に、テカリが気になる方は指だけより、ファンデーションブラシなどを使うとお肌に密着するのでおすすめです。

 

最初は白いテクスチャになっていますが、肌に馴染ませると肌色の変化していくので安心して下さい。少量でも伸びがいいので、厚塗り感もなくトーンアップをしてくれます。

 

ミコブルームを塗った後、余分な脂をティッシュオフするとメイクが崩れの心配がなくなります。軽く叩きこむ感じで行って下さい。

 

ミコブルームはとてもシンプルで簡単に使えるので、

 

  • メイクが苦手
  • メイク初心者

 

といった方でも上手にベースメイクができますよ。

ミコブルームを使う時の注意点

肌荒れ・ニキビ・傷などがある場合は使用を控えましょう

 

ミコブルームには、パラベンをはじめ、合成着色料や鉱物脂など肌に負担を与える成分は配合されていません。

 

肌が弱い方でも使えるような成分配合となっていますが、肌荒れやニキビ、傷などの肌トラブルがあるときは使用を控えたほうがいいでしょう。

 

また、アレルギーがある方は事前に成分をしっかり確認してからお使いになることをおすすめします。

 

もし、ミコブルームを使っているときに肌の異常を感じたら、すぐに使用を中止して皮膚科を受診しましょう。

 

ちなみに、ミコブルームを顔以外にも使うことができます。ただし、その場合には衣服に付着する可能性があるので気をつけて下さい。

 

顔以外にミコブルームを使用した場合は、きちんとその部分もクレンジングをして、しっかりオフするようにしましょう。

 

ミコブルームの使い方|効果的な使用方法や注意点を解説!

ページの先頭へ戻る